GKSlogo

GKSystem Design Office

sitemap

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

私は建物の専門家として建築士の役割とは環境、風土、構造、材質、設備、法規等を踏まえることは
当たり前として、そこに住まう人の独特な要望を平面的、立体的に熟慮し、いかに創意工夫のもと空間
を構成するか、ということだと思います。

1万年以上前の旧石器時代、人は自然の地形を利用したり手を加えた洞窟や岩陰に住んでいました。
そこは雨や風、暑さ寒さといった自然の厳しさを緩和し、肉食動物の脅威から逃れ、食糧や道具の保管
場所となり、人間どうしのプライバシーを守る生活の拠点でした。
狩猟や山菜取りのために外に出る時は周囲への用心は怠らなかったでしょうが、食事をする時、家族
との団欒の時、眠る時というのは安心して時を過ごせる保護された空間が必要で、これが「家」というも
のの始まりです。

現代の家の役割を鑑みても、基本的なことは洞窟と何ら変わりません。人の生活の中で住宅の担う役
割とは一言で言えば「安心できる場所」だと考えます。

jun's photo


村上 純
1964年7月 東京生まれ
バンインターナショナル、アトリエA&Aなど黒川紀章建築都市設計事務所系列の設計事務所に勤務し、都市計画・企画設計等の仕事に従事。(株)平山建築設計事務所にて主に公共建築物を中心にRC造、鉄骨造の設計に携わり、(株)東邦建設設計部にて1000棟以上の戸建て住宅及び集合住宅を設計。
2003年鎌倉にジーケーシステム建築設計事務所を開設。
戸建て住宅を中心に集合住宅、店舗、宅地造成、擁壁等の設計を手掛け、また、妙本寺二天門の保存修理工事の際のような各種建築系許可業務も得意とするところです。
二級建築士

ジーケーシステム建築士事務所

神奈川県鎌倉市七里ガ浜東
4-14-10
TEL 0467-39-1236
FAX 0467-39-1237
E-mail info@gksystem.jp

PageTop